【MLB】投手・大谷から初安打、33歳敵打者の目「彼はまだまだいい選手になる」

【MLB】投手・大谷から初安打、33歳敵打者の目「彼はまだまだいい選手になる」

アスレチックスのジョイスに聞く自身の今と新星・大谷

 二刀流として大きな注目を浴びているエンゼルス大谷翔平。その初登板となった4月1日(日本時間2日)のアスレチックス戦で初安打を記録したのは33歳のベテラン、マット・ジョイスだった。アスレチックスが2回に挙げた3点の呼び水となるヒットを放つと、次打席も四球で出塁。投手デビューの23歳を苦しめた一人だった。 長らくレイズでプレーし、エンゼルス、パイレーツを経て昨季アスレチックスに加入。その2017年シーズンにキャリア最多の25本塁打を放った。2011年にオールスターにも出場しているジョイスに自身の現状や、今季同地区の球団に加入した大谷について話を聞いた。

――6日(日本時間7日)のエンゼルス戦では今季初ホームランを記録した。

「とりあえず1本出たのはよかったよ。野球は、あまりホームランを打とうと思って打てるもんじゃない。いい打席を重ねて、強い打球を打ち続ける。プホルスも言っていたが、流し打ちをする、二塁打を打つ先にホームランになることがあるぐらいに考えている。考え方をシンプルにしているよ」

――経験がものをいう?

「間違いない。たくさんの要素が影響している。試合の前から、球場への入り方、気持ちの上げ方、毎日成長しようという気持ち、打撃コーチと共に小さな変化を加えていくことなどなど。去年はデービスやアロンソとプレーしてみて、彼らの毎日の習慣を見て勉強した。自分自身にとっていいキャリアにするために日々成長を意識しているよ」

【MLB】投手・大谷から初安打、33歳敵打者の目「彼はまだまだいい選手になる」

不振の2015年は「最低の年」も「最も勉強になったシーズン」

――昨年はヤンキースの田中将大投手からホームランを打つなど自己最多の25本を記録しました。以前とは変化が?

「間違いなく変わった。野球は常に謙虚でいることが大切だ。(エンゼルスに所属した)2015年は最低の年(93試合、打率.174、5本塁打、21打点)だったが、最も勉強になったシーズンでもある。辛いが、常にいいプレーができるようになるために、小さな変化を加えていた。失敗することが大嫌いだったけど、新しいページをめくり、前に進んでいたんだ。幸いにチャンスをくれるチームがあった」

――モチベーションをキープしていくために必要なことは?

「今、目の前にあること、周りから聞くこと、環境は大切だと思う。自分にとってモチベーションが上がることをする。ユーチューブを見たり、音楽を聞いたり、小さなことが本当に大きな影響を与えるんだ。驚くほどに」

――メンタル的な部分も?

「メンタルはとても大きい。毎日の大きな挑戦はメンタルなものだ」

■投手・大谷の印象「エンゼルスは彼がいてラッキーだと思う」

――先日、初ヒットを浴びせた大谷はスプリングトレーニングでは批判的な意見が多かったが、開幕して克服したように見える。

「彼は素晴らしい才能を持っている。だが、彼も同じだ。自分の弱みを理解して、少しずつ改良を続けた。それがあのバッティングフォームの変化につながったはずだ。彼と対戦するのはとても嫌だよ。上手だからね。彼はこれからまだまだいい選手になるだろう」

――彼のピッチングをどのように見た?

「彼は素晴らしいピッチャーでもある。98、9マイル(約158キロ、159キロ)を投げるし、試合を通じていい投球をする。スプリットも怖い。もちろん彼が僕らのチームにいてくれたらなんて思うことはあるけど、エンゼルスは彼がいてラッキーだと思う」

――野球をすることで、誰かに影響を与えたい?

「もちろんだ。誰かの人生にいい影響を与えたいと思っている。もちろんあなたからもいい影響を受けているし、毎日成長できたらと思っている。僕は周りにもいい影響を与えたいし、与えてもらっているよ」

―― 一言で自分を表すと?

「一言か……クレイジーかな? 違うよ、嘘だよ! 謙虚かな。自分が今、与えてもらってる状況に感謝しているし、自分がしたいことができて幸運だ。これからも謙虚でいたいと思っている」